top of page
  • laedi2020

ヘアカラーの際に温めると傷む

更新日:2023年12月18日

今日は【ヘアカラー中に温めると傷む!?】とゆーことについて書いていきます。


皆さんはカラー剤を塗った後に温められた経験ありませんか?






染まりにくい髪質だったり、ブリーチを使用していてもっと明るくしたかったり、ヘアマニキュアなど温めるのが前提の薬剤だったり、温めたほうがいい場合もありますが、基本的にヘアカラーは温める必要はありません!



温めたら何が起こるか?


過酸化水素とアルカリによって生まれる活性酸素とゆーモノが急激に増えることで酸化が進み、髪内部のS-S結合が分解され、システイン酸が増えます。


そーすると枝毛や切れ毛の原因になってしまいます(><)


染まりやすい代わりにダメージがついてくるのです。



なのでLaediでは基本的にカラー後に温めることはしません。


その場の色だけでなく、髪に優しく永くオシャレを楽しみましょう♪




Laediのカラーは頭皮と髪に優しい『パラフェニレンジアミン無配合の薬剤』+『内部&外部補修トリートメントで髪の負担を最小限にしながら同時に艶と手触りも得られる』+『炭酸泉による施術で頭皮に薬剤を残さず帰れる』&『アルカリ除去で髪にダメージを残さず色もちアップ』です。



Laediではお客様の何ヶ月後、何年後のことも考えた施術を心掛けています。

お任せください!



 



沖縄/那覇/小禄でトリートメント/ヘッドスパ/白髪染め/白髪ぼかしなどの髪質改善がメニューが人気の美髪になれる美容室

Laediのご予約には便利なこちらをお使いください。


↓↓画像クリックで予約へ進みます↓↓




閲覧数:249回0件のコメント

Comments


bottom of page